【デリヘル】お客さんウケする服装&避けるべき服装を徹底解説!

服装は見た目を印象付ける役割があり、デリヘル嬢の服装一つでお客さんを白けさせてしまうケースが少なくありません。今回は、お客さんウケする服装から、デリヘル出勤時の服装を選ぶときのポイントまでを解説するため、ぜひ参考にしてください。

デリヘルはシフト・勤務時間の自由度が高い仕事であり、服装自由のお店も多い傾向があります。仕事で着る服を自分で選び、お客さんにどのように見られるかを想像してみることも、デリヘルで働く楽しさの一つです。

しかし、服装自由とはいえ「何を着れば良いか分からない」という人も多いのではないでしょうか。服装は自分を魅力的に見せる武器であるため、お客さんウケする服装を選ぶことが大切です。

今回は、お客さんウケする服装のコーデ例と避けるべき服装、デリヘル出勤時の服装におけるポイントなどを徹底解説します。

目次

1. デリヘルでお客さんウケする服装は?

  • 1-1. コーデ:ブラウス+スカート
  • 1-2. コーデ:ワンピース
  • 1-3. ポイント:無地もしくはシンプルな柄

 

2. デリヘルで避けておくべき服装は?

  • 2-1. 着脱しにくい服
  • 2-2. 個性的すぎる服
  • 2-3. ラフすぎる服

3. デリヘル出勤時の服装は私服と分けた方が良い?

4. デリヘル出勤時の服装を選ぶときのポイント2つ

 

まとめ

1. デリヘルでお客さんウケする服装は?

デリヘルでお客さんウケする服装のポイントは、「清楚系」を意識することです。デリヘルを利用するお客さんの多くは、「指名した女の子と恋人のようなプレイを楽しみたい」と考えています。一般的に、女子アナ風・フェミニンスタイルの服装が、お客さんウケしやすいです。

以下では、お客さんウケする服装のコーデ例とポイントを解説します。

 

1-1. コーデ:ブラウス+スカート

ブラウス+スカートは肌の露出が少なく、清楚な雰囲気を前面に出すことができるコーデです。
清楚系の印象を活かすためにも、色合いはホワイト・ベージュ・パステルカラーなどの派手すぎないカラーでまとめましょう。

ブラウスの素材は、カシミヤのニット・シルクジャージー・サテンがおすすめです。ブラウスの手触りが良いと、「いつまでも触れていたい」とお客さんに思わせることができ、プレイへの満足度を高める効果が期待できます。

ただし、ブラウス+スカートのコーデは、スカート丈が短すぎると清楚系の印象が崩れるため注意してください。適度な露出となる、ひざ丈~ひざ下丈のスカートがおすすめです。

 

1-2. コーデ:ワンピース

女の子らしさをアピールできる「ワンピース」も、お客さんウケするコーデです。ワンピースは清楚な印象を作りながら体のラインをしっかりと見せられるため、デリヘル嬢であればぜひ活用すべきコーデといえます。

ワンピースの丈もスカートと同様に、ひざ丈~ひざ下丈を目安にしましょう。ワンピースをおしゃれに着こなしたい場合は、ウェストまわりをベルトで巻き、ボディーラインにメリハリを出すことがおすすめです。

また、ワンピースは着脱しやすいため、お客さんとスムーズにプレイを楽しむことができます。ワンピースだけでは寒い秋冬の季節には、上にカーディガンを合わせるコーデも試してみてください。

 

1-3. ポイント:無地もしくはシンプルな柄

お客さんウケする服装を選ぶときは、服装の柄にも注意を払いましょう。清楚系を印象付けるためのポイントは、無地もしくはシンプルな柄を選ぶことです。無地のワンピース・ブラウス・シンプルな柄のスカートなどでコーデをすると、お客さんが理想とする「清楚系の女性」を演出できます。

お客さんがデリヘル嬢に対して抱くイメージは、第一印象によって大きく左右されます。そのため、風俗をイメージさせる派手な色や、強い個性を印象付ける柄物デザインは控えましょう。

 
 

2. デリヘルで避けておくべき服装は?

お客さんウケする服装があるように、避けておくべき服装もあります。服装のチョイスを間違えるとお客さんが白けてしまったり、プレイに支障が出たりするケースも起こるため注意しましょう。

以下では、デリヘルで避けておくべき3つの服装と、避けるべき理由を解説します。

 

2-1. 着脱しにくい服

ピチピチのスキニーパンツや、頭からかぶるタイプのワンピースなどの着脱しにくい服は、デリヘルの服装に適していません。
自分の手で服を脱がせたいと思っているお客さんは多いため、デリヘル嬢が着脱しにくい服を着ていると、プレイに入る前にお客さんの熱が覚める恐れがあります。

また、頭からかぶるタイプのワンピースは、脱がしてもらうときにヘアセットが崩れたり、化粧が落ちたりしやすくなります。
プレイに支障をきたさないためにも、ホック・ボタンが付いた着脱しやすい服を選びましょう。

 

2-2. 個性的すぎる服

デリヘルでは、「ゴスロリ系ファッション」や、「ヴィジュアル系ファッション」などの、個性が強い服装も避けるべきです。個性的な服は、自分のイメージを強く印象付けられるものの、必ずしもお客さんに良い印象を与えられるとは限りません。

服装自由な場合でも服装で個性を出すことは控えて、お客さんウケしやすい服装を目指しましょう。また、お客さんから見た第一印象によって、売上アップにつながります。

 

2-3. ラフすぎる服

Tシャツ・スウェット素材の服・スニーカーなどのラフすぎる服は、お客さんを落胆させる恐れがあります。お客さんの多くはデリヘルに対して、「非日常的なサービス」を求めているため、普段着のような服装はデリヘルに適しません。

もちろん、ラフな服装の女性が好みの男性もいますが、お客さんに喜んでもらうためには、女性らしさに欠ける服は控えるべきです。
デリヘルが接客業であることを忘れず、お客さんの満足度を高められる服装を心がけましょう。

 
 

3. デリヘル出勤時の服装は私服と分けた方が良い?

結論を先に述べると、デリヘル出勤時の服装は私服と分けた方が良いです。以下では、服装を分けた方が良い理由を2つ紹介します。
 

私服を汚さないため

デリヘルで働くときは、プレイ前後にシャワーを浴びるため「私服が汚れる場面はないのでは」と思う女性もいるでしょう。

しかし、指定場所へ行くまでに汗をかいたり、シャワー前にお客さんと軽くスキンシップしたりなど、服が汚れるシーンが多くあります。
服が汚れる前提で考えると、仕事用の服装を用意することがおすすめです。

 

身バレ防止

出勤時の服装と私服を分けることで、身バレ防止ができます。出勤時の服装と私服をただ分けるだけでなく、系統ごと分けることがおすすめです。

たとえば、私服でワンピースを着る機会が多い女性であれば、出勤時はブラウス+スカートのコーデにすることで、身バレ防止につながります。

服装の系統を変えるだけで見た目も一変するため、知人・お客さんに身バレをしたくない女性は、デリヘル出勤時の服装と私服を分けることが大切です。

 
 

4. デリヘル出勤時の服装を選ぶときのポイント2つ

最後に、デリヘル出勤時の服装を選ぶときに役立つ、2つのポイントを紹介します。

お店側のコンセプトに合わせる

デリヘルはお店ごとに、素人系・人妻系などといった、コンセプトを定めていることが一般的です。お客さんは女性の容姿だけでなく、お店のコンセプトに惹かれてサービスを利用するケースもあります。そのため、女性もお店側のコンセプトに合わせて服装を選ぶことが大切です。

たとえば、素人系がコンセプトのお店であれば、ショッピングや散歩で着るようなおとなしめの服装を選びましょう。人妻系の場合は露出を抑えて、丈の長いスカートを選ぶことがおすすめです。また、お店側のコンセプトに合わせて服装を選ぶと、お客さんの嗜好に合わせやすいため、リピーター獲得が見込めます。
 

予算を3,000円前後に抑える

デリヘル出勤時の服装は、数着購入する必要があるため、予算を3,000円前後に抑えましょう。

たとえば、私服でワンピースを着る機会が多い女性であれば、出勤時はブラウス+スカートのコーデにすることで、身バレ防止につながります。

たとえば、1着あたりの予算が5,000円以上かかると、2着購入するだけで1万円をオーバーし、費用負担が大きくなります。お金を少しでも手元に残すためにも、デリヘル出勤時の服装は仕事着と割り切って、セール品で揃えることがおすすめです。

また、ほとんどの男性は女性用ブランドに詳しくないため、ブランド物の洋服にこだわる必要はありません。見た目に清潔感・綺麗さがあり、お客さんウケしやすい服を選ぶことが大切です。

 
 

まとめ

今回は、デリヘルの服装について紹介しました。男性が女性に求める服装はさまざまではあるものの、清楚系な服装はウケが良く、プレイに支障が出る服装はウケが悪くなります。

デリヘルで働くときは身バレ防止のために、出勤用の服装と私服を分けることが一般的です。複数着購入することを見据えて、3,000円前後を予算に設定し服を購入しましょう。

また、お店のコンセプトに合った服装を選ぶことで、コンセプトに合った女性を演出できることから、リピーター獲得につながりやすくなります。お客さんに好印象を与えるためにも、今回紹介した服装を参考にしてください。