デリヘルの素股プレイとは|やり方・安全に行うための注意点を解説

当記事ではデリヘルの素股プレイについて、体位別のテクニックと安全に働くための注意点を紹介しています。お客さんからの人気が高く、稼ぎに繋がる素股プレイに興味があるものの、やり方やリスクに不安を持つ女性はぜひ参考にしてください。

デリヘルの素股プレイはお客さんからの人気が高く、素股プレイのスキル・テクニックを身につけたデリヘル嬢は稼ぎやすいと言われています。しかし、プライベートで実践することの少ない行為であるため、「やり方がわからない」「挿入されるリスクはないか」と不安に感じる女性も多いでしょう。

慣れるまでに時間はかかるものの、正しい知識を身につけて練習を繰り返せば、素股プレイは誰でも習得可能です。この記事では、体位ごとの素股プレイのやり方と注意点を解説します。

 

目次

 

1. デリヘルで行う素股プレイとは?

 

2. デリヘルで行う素股プレイのやり方|主な体位5選

  • 2-1. 騎乗位素股
  • 2-2. 対面座位素股
  • 2-3. 正常位素股
  • 2-4. バック素股
  • 2-5. 立ちバック素股

 

3. デリヘルで素股プレイを安全に行うための2つの注意点

  • 3-1. コンドームを忘れずに使用する
  • 3-2. 男性器を手で押さえてプレイを行う

 
 

 

まとめ

 

1. デリヘルで行う素股プレイとは?

デリヘル(デリバリーヘルス)の素股プレイとは、太股や手で男性器に圧をかけたり摩擦刺激を与えたりすることで、射精を促すプレイです。デリヘルを含めた風俗店で本番行為(挿入行為)を提供することは、法律違反にあたります。そのため、風営法(風俗営業法)に沿って運営する合法的なデリヘルは、素股プレイによる擬似的な本番行為を行うことが一般的です。
 
素股プレイは、フェラや手コキ、シックスナインなどと並ぶ、デリヘルの主要プレイにあたります。お客さんから人気の高いプレイにもあたるため、「デリヘル嬢として稼ぎたい」と思う女性は、基本的なスキル・テクニックを身につけましょう。
 
なお、デリヘルでコース料金以外のお金を受け取って挿入行為(業界用語で「円盤」)を提供すると、他のデリヘル嬢に迷惑をかけるリスクがあります。たとえお客さんが「内緒にする」と約束しても、どのようなきっかけで噂が広がるかわからないため、本番交渉された場合は必ず断ってください。

 

 

2. デリヘルで行う素股プレイのやり方|主な体位5選

 

一般的な性行為同様、デリヘルで行う素股プレイにはいくつかの種類があります。さまざまなバリエーションを覚えることで、お客さんを飽きることなく楽しませ、自分自身の商品価値を高めましょう。
 
いずれの種類を実践する際にも共通の下準備は、ディープキスや手コキ、フェラなどのサービスで、十分に勃起させることです。その後、男性器に対してやや多めの量のローションを塗り、素股プレイに移りましょう。
 
ローションを塗った後の手順は体位によって異なるため、以下で詳しく解説します。

 

2-1. 騎乗位素股

騎乗位素股はスタンダードな素股プレイのやり方です。デリヘル嬢が主導権を握る体位であるため、自分のペースでプレイを進められる体位といえます。

 

(1)仰向けに寝たお客さんの上にまたがる

お客さんの下腹部あたりにデリヘル嬢がまたがり、お腹の下あたりで男性器を持ってください。
  

(2)男性器を手で挟む

片手でチョキの形を作り、男性器の先端を挟みます。
  

(3)手と身体全体を使用し、性的な快感を与える

自分の身体に男性器を押し当てたまま、実際に挿入しているイメージで、腰を上下に動かします。腰の動きに合わせて手コキすると、お客さんの快感度を高めることが可能です。

  
男性器を押し当てる場所は、女性器ではなく太股です。根元のみを手コキする方法ではなく亀頭も適度に刺激すると、お客さんの快感が高まります。

 

2-2. 対面座位素股

対面座位素股も、デリヘル嬢優位の素股プレイにあたります。密着感が高い体位であるため、恋人同士のような雰囲気を作りやすく、お客さんの気分を盛り上げることが可能です。

(1)ベッドの上に座り、抱き合う

ベッドの上に座ったお客さんの上にまたがり、身体を密着させて、抱き合います。
  

(2)男性器を手で押さえて、刺激する

男性器を手で押さえるもしくは握って上下に動き、適度な刺激を与えます。
  

  
対面座位素股のコツは、自分の身体とお客さんの身体を十分に密着させて、手で握った部分を隠すことです。より恋人同士のような雰囲気を作るためには、素股プレイの最中に自分からディープキスすると良いでしょう。

 

2-3. 正常位素股

正常位素股はお客さん主体で動く体位であるため、体力の消耗が少ないプレイといえます。ただし、男性器をしっかり固定しないと挿入されるリスクがあり、やや注意が必要です。

(1)デリヘル嬢が仰向けに寝て、お客さんが上に乗る

仰向けに寝た自分の上にお客さんをまたがらせ、正常位の体勢を取ってください。
  

(2)指や手で男性器を固定し、動いてもらう

指や手を膣に見立てて男性器を固定し、正常位の要領で、お客さんが動きます。
  

  
指や手を使用する方法のほか、両足をクロスさせてできる隙間に男性器を挟み、動いてもらう方法もあります。クロスさせた両足を強く締めて圧迫感を強めると、本当に挿入しているかのような感覚を持たせることが可能です。

 

2-4. バック素股

バック素股も、男性主導で進めるプレイの1つです。バック素股は「後背位素股」と呼ばれるケースもあります。

(1)ベッドの上で四つん這いの体勢をとり、太股で男性器を挟む

ベッドの上で四つん這いの体勢をとり、お客さんを後ろ側に移動させます。そして、太股の隙間に男性器を入れさせ、適度な圧をかけてください。
  

(2)男性器に手を添えて、お客さんに動いてもらう

男性器を手で握るもしくは手で押さえて固定し、お客さんが動きます。
  

  
バック素股の最中に手を放すと挿入される確率が高まるため、注意しましょう。手によって相手の動きを制御しつつ、粘膜同士の接触を防ぐことも大切です。

 

2-5. 立ちバック素股

立ちバック素股は、バック素股の応用です。鏡の前で実践すると、お客さんの視覚的な興奮をあおることができます。

(1)デリヘル嬢が正面を向いて立ち、太股の隙間に男性器を入れさせる

デリヘル嬢の後ろにお客さんを立たせ、太股の隙間に男性器を入れさせます。両足をクロスさせることでやや強めの圧をかけ、刺激を強める方法もおすすめです。
  

(2)バック素股同様、お客さんに動いてもらう

手で軽く押さえるもしくは男性器を握った状態で、お客さんが動きます。
  

  
お客さんによっては、デリヘル嬢のお尻を持ち上げ、後ろに大きく突き出したポーズを取らせる方もいます。お尻を突き出したポーズは女性器が露出し、挿入されやすい体勢であるため、デリヘル嬢初心者は避けたほうが安心です。

 

 

3. デリヘルで素股プレイを安全に行うための2つの注意点

デリヘルで安全に素股プレイを行うためには、いくつかの注意点があります。注意点を守ることなく素股プレイに臨んでしまうと、挿入行為を受けるリスクがあるため、注意しましょう。

以下では、デリヘルで素股プレイを安全に行うための注意点を2つ紹介します。

 

3-1. コンドームを忘れずに使用する

お客さんの中には素股プレイの最中に手を添えることを拒んだり、粘膜同士の接触するプレイを要望したりする方もいます。妊娠や性感染症に感染するリスクを最小限に抑えるためには、コンドーム(ゴム)を使用しましょう。

ただし、素股プレイを行う際にコンドームを使用できるかどうかは、デリヘルの方針によって異なります。「デリヘル嬢の判断に任せる」というデリヘルで働く場合、コンドームの使用によって、指名のお客さんが減ってしまうリスクも否めません。
コンドームを使用した素股プレイでもお客さんを満足させるためには、他のプレイのテクニックを磨くことが大切です。素股プレイを含めた総合的な満足度を高めることで、お客さんの心をつかみ、多くの指名を獲得しましょう。

 
 

3-2. 男性器を手で押さえてプレイを行う

男性器を手で押さえて固定するということも、デリヘルで素股プレイする際のポイントです。素股プレイでは多めのローションを使用するため、お客さんに悪意がなくても、性器同士が接触したり膣に入ってしまったりするケースがあります。
デリヘル嬢が手で押さえ、角度や場所をコントロールすることにより、挿入を防ぎましょう。
 
想定外の事故を防ぐためには、デリヘル嬢のほうからお客さんの身体に抱きつき、身体を密着させる方法も一案です。身体を密着させることでお客さんの動きを制御でき、挿入行為を抑止できます。

 

 

まとめ

本番禁止のデリヘルで、お客さんに擬似的な挿入行為を楽しんでもらえる素股プレイは人気が高く、デリヘル嬢の稼ぎに繋がります。素股プレイのさまざまな体位のバリエーションを複数覚えることにより、お客さんに飽きられず、気に入ってもらえるでしょう。

また、妊娠や性感染症を防ぐためコンドームを使用するほか、事故であっても挿入行為に至らないよう男性器を手で押さえてプレイすることが、安全に働くための注意点です。当記事の内容を参考にお客さんを魅了するテクニックを身につけ、稼げるデリヘル嬢として一歩を踏み出しましょう。