デリヘルとは?基本情報から稼ぐためのコツまでを詳しく解説

今回は、デリヘルのサービス内容や給料相場といった基本情報を徹底的に解説しています。未経験や初心者のデリヘル嬢でも効率的に稼げるコツも紹介しているため、デリヘルで働くことを検討している人は、ぜひ当記事を参考にしてください。

デリヘルは、風俗業界において特に人気が高い仕事のひとつです。未経験でも高収入を狙うことが可能であることから、デリヘルで働きたいと思っている人もいるでしょう。

しかし、デリヘルの基本的な仕事内容や、高収入を得るための稼ぎ方をしっかり理解できている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、デリヘルのサービス内容や給料相場などの、基本情報を解説します。しっかり稼ぐコツも紹介するため、デリヘルで働くことを検討している人はぜひ参考にしてください。

 

目次

 

1. デリヘルとは?

  • 1-1. デリヘルとホテヘルでは何が違うの?

 

2. デリヘルで働く前に知っておきたい基本情報

  • 2-1. サービス内容
  • 2-2. オプション
  • 2-3. 給料相場

 

3. デリヘルでしっかり稼ぐためのコツ3選

  • 3-1. 客入りがいい曜日や時間帯に出勤する
  • 3-2. 写メ日記は親しみやすい文章を心がける
  • 3-3. 自分の強みを生かせる風俗求人を探す

 

 

まとめ

 

1. デリヘルとは?

そもそもデリヘルとは、「デリバリーヘルス」の略であり、その名のとおりお客さんの自宅やビジネスホテルなどにデリヘル嬢を派遣し、ヘルスサービスを提供する風俗ジャンルです。

風俗店には、大きく店舗型と無店舗型に分けられます。店舗型は店舗内でサービスを提供する形態で、ソープランドや箱ヘルなどが代表です。一方で、無店舗型は店舗を構えずに営業する形態であり、デリヘルは無店舗型風俗に該当します。

待機中のデリヘル嬢は、事務所や自宅、ネットカフェなどの場所で待機をします。お客さんからの予約が入ったときは、店側の指示を受けたうえで、ドライバーの送迎によりお客さんのもとに訪れます。

 

1-1. デリヘルとホテヘルでは何が違うの?

デリヘルと似ているサービスのひとつには、「ホテヘル」が挙げられます。デリヘルとホテヘルの大きな違いは、店舗形態にあります。

ホテヘルとは、「ホテルヘルス」の略であり、繁華街・歓楽街に受付所を構えた風俗ジャンルです。お客さんは受付所で遊びたい女の子を選び、先に料金を支払ったうえで、受付所の近くにあるホテルに徒歩で移動してプレイを行います。広範囲への派遣が可能なデリヘルと異なり、ホテヘルは基本的に店舗近くのホテルでサービスを提供することが特徴です。

ソープランドや箱ヘルのように、店舗内にプレイルームがあるわけではないため無店舗型風俗と類されることもありますが、実際にはホテヘルは店舗型風俗に類されます。

なお、プレイの内容は、デリヘルとホテヘルで大きな違いはありません。

 

 

2. デリヘルで働く前に知っておきたい基本情報

 

デリヘルは、提供するプレイの内容や給料額が、お店によって異なります。そのため、デリヘルで働きたい場合は、主なサービス内容や給料相場などの基本情報をおさえておくことが重要です。

ここからは、デリヘルで働く前に知っておきたい基本情報を紹介します。

 

2-1. サービス内容

デリヘルには、多くの店舗で提供している基本的なプレイがあります。マニアックなコンセプトを持たない一般的なデリヘルの基本プレイは、下記のとおりです。

 

【デリヘルの基本プレイ】
・一緒にシャワーを浴びる
・キス・ディープキス
・手コキ
・全身リップ
・素股
・フェラチオ
・玉舐め
・シックスナイン
・指入れ
・口内射精

 

基本プレイは、お客さんが支払う基本料金に含まれているサービスです。

店舗によっては、上記の基本プレイがオプションとなっている場合もあります。基本的にオプションは風俗嬢がOK・NGを自由に選択できるため、対応したくないプレイがある場合は、求人を探す段階や面接の段階で確認しましょう。

 

2-2. オプション

オプションは、基本プレイに追加して行うサービスです。オプションプレイを提供することで、追加の料金が発生します。

 

【デリヘルの主なオプションプレイ】
・イマラチオ
・アナル舐め
・足コキ
・ごっくん
・コスプレ
・AF
・各種アダルトグッズ(電マ・バイブなど)

 

オプションにはハードなプレイ内容もありますが、デリヘル嬢が特定のメニューを自由にNGとすることが可能です。

なお、風俗店では店舗ごとにバック率が決められています。バック率とは、お客さんが支払った利用料金のうち、何割が自分の給料となるかを示す数値です。

バック率の具体例を、数値を用いて詳しく下記に解説します。

 

〇バック率の具体例

基本コース10,000円・オプションプレイ5,000円 → バック率70%の場合

お客さんが支払った料金:10,000円+5,000円=15,000円
デリヘル嬢の給料となる金額:15,000円×70%=10,500円

 

バック率が高ければ高いほど、デリヘル嬢が得られる給料額も大きくなります。バック率は50~70%が相場となっており、店舗によっては求人にも情報を掲載していないことがあります。

もし求人に掲載されていない場合は、応募や面接の段階でお店側にしっかり確認することがおすすめです。

 

2-3. 給料相場

デリヘルの日給・月給は、店舗や地域によって異なります。週2日(月10日)勤務した際の一般的な相場は、下記のとおりです。

日給 月給
通常店 3万~4万円 30万~40万円
高級店 6万~10万円 60万~100万円

※1日あたりのお客さん2名×週2日勤務(1ヶ月の勤務日数約10日)と仮定

デリヘルには大衆店のほかに、富裕層向けの高級店があります。高級店は、大衆・中級ランクのお店よりも利用料金が高くなるため、デリヘル嬢の給料も高い傾向です。

またデリヘルは、時給制ではなく歩合制の給与システムがとられています。そのため、仮にひと月に多く勤務したとしても、お客さんがつかないかぎり収入を得ることはできません。高収入を得るためには、多くのシフトを入れるのではなく、指名を増やすことが大切です。

 

 

3. デリヘルでしっかり稼ぐためのコツ3選

デリヘルは、歩合制の給与システムがとられているため、「営業活動などはせずただなんとなく働く」というだけでは、高収入につながらない可能性が高いと言えるでしょう。

そこで次に、デリヘルで高収入を目指す人に向けて、しっかり稼ぐためのコツを3つ紹介します。実践的な内容であるため、自分が働く姿をイメージしながら参考にしてください。

 

3-1. 客入りがいい曜日や時間帯に出勤する

客入りがいい曜日や時間帯に出勤すると、余計な待機時間がなくなるため、効率的に稼げます。多くのサラリーマンが休みとなっている土日は、客入りが多くなる曜日です。特に、土曜日の夜は次の日も休みであることが多いため、利用者が最も増加する傾向にあります。

また、日中は仕事をしている人が多いため、夜の時間帯の方が利用者は増加します。仕事終わりはもちろん、仕事終わりの飲み会が終わった2次会・3次会でもデリヘルは利用されます。少ない勤務時間で効率的に稼ぎたいという人は、18時~2時の時間帯の出勤がおすすめです。

 

3-2. 写メ日記は親しみやすい文章を心がける

写メ日記とは、デリヘル嬢のプライベートなどについて記載する、写真付きの日記です。写メ日記を親しみやすい文章にすることも、稼ぐために大事なポイントとなります。

お客さんは、店舗のホームページなどに掲載されているデリヘル嬢の情報をもとに、遊ぶ女の子を選びます。しかし、ホームページの紹介欄に記載されている情報は、名前や年齢、スリーサイズと簡単な紹介文程度です。そのため、お客さんがデリヘル嬢のことをよく知る方法として、写メ日記は重要なツールとなります。

写メ日記の文章が親しみやすければ、お客さんはデリヘル嬢に親近感を抱き、指名して貰いやすくなるでしょう。

 

3-3. 自分の強みを生かせる風俗求人を探す

プレイの内容は店舗によって異なるため、自分の強みを活かせる風俗求人を探してください。特に、自分の得意なプレイが高い料金に設定されている場合は、高収入をより狙いやすくなります。

しかし、自分が苦手なプレイを行うことは、精神的な負担にもなり得ます。デリヘルの仕事は、ただでさえ身体的な負担が大きいため、強みを活かせる求人を探すことで精神的な余裕も生まれやすくなるでしょう。

 

 

まとめ

デリヘルは、お客さんの自宅やホテルなどでヘルスサービスを提供する仕事です。

基本プレイやオプションプレイの詳しい内容は店舗ごとに決まっています。対応NGなプレイがあれば、事前に確認しておきましょう。また、デリヘルは時給制ではなく歩合制なため、稼ぎ方をおさえておくことで未経験や初心者でも高収入を狙えます。

デリヘルで稼ぐためには、土日や夜の時間帯に出勤する・親しみやすい文章で写メ日記を投稿する・自分の強みを生かせる求人に応募するなど、3つのポイントが重要です。ここまでの内容を踏まえ、ぜひデリヘルで効率的に稼いでみてください。