風俗では年齢のサバ読みは基本!年代別のおすすめのコンセプトを紹介

風俗では、年齢をサバ読みすることは基本です。今回は、サバ読みをするメリット・デメリットから、働く際にどのようなコンセプトの風俗店がおすすめかを、年代別に紹介します。風俗で働こうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

「若くなければ風俗で稼ぐのは難しい」と考える女性は少なくないものの、実際は幅広い年代の女性が風俗業界で活躍しています。

風俗では、年齢のサバ読みが基本的に問題なく行われるため、年齢が理由で働くことをためらう必要はありません。
また、自分の年齢に適したコンセプトの風俗店を選ぶことで、年齢をサバ読みしても不自然なく働くことが可能です。

 

今回は、風俗で女性が活躍できる年齢と、サバ読みすることのメリット・デメリット、さらに年代別のおすすめコンセプトから風俗店を探すポイントまで紹介します。

 

目次

 

1. 風俗は何歳から何歳まで働けるの?

  • 1-1. 風俗ではサバ読みが基本

 

2. 風俗で年齢をサバ読みするメリット・デメリット

 

3. 【年代別】おすすめのコンセプト

  • 3-1. 20代
  • 3-2. 30代・40代
  • 3-3. 50代以上

2. 自分の年齢に合ったコンセプトのお店を探す際のポイント

 

まとめ

 

1. 風俗は何歳から何歳まで働けるの?

風俗業界は、18歳未満と高校生は働くことができませんが、年齢の上限は基本的にありません。

風俗を利用するお客さんの好みはさまざまなため、幅広い年代の女性に活躍するチャンスがあると言えるでしょう。

 

第三十一条の三第三項

無店舗型性風俗特殊営業を営む者は、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

一 十八歳未満の者を客に接する業務に従事させること。
二 十八歳未満の者を客とすること。

(引用:電子政府の総合窓口 e-Gov「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000122#317)

上記の法律に「高校生不可」等の記載はありませんが、高校生を風俗店で働かせた場合、親や学校を巻き込むトラブルに発展することがあります。
風俗店側も、上記のようなリスクを避けるため、18歳未満の女性や高校生を雇うことはありません。

また、18歳以上でも「ソープランド」は地域の条例や特殊入浴協会の定めにより条件が異なるため、事前の確認が必要です。

例えば、東京の吉原や神奈川のソープなどは、20歳以上でなければ働くことができないことが通例です。

1-1. 風俗ではサバ読みが基本

 

風俗業界では年齢をサバ読みすることが基本で、大抵の風俗店でサバ読みが行われています。

また、サバ読みした年齢を「吉原年齢」と呼ぶこともあり、ソープランド街で有名な東京「吉原」が名前の由来となっています。

吉原年齢は3年経過するごとに1歳を加算するのが通例で、以下の表は吉原年齢の一例です。

実年齢  吉原年齢
26歳 22歳
29歳 23歳
32歳 24歳

 

必ずしも上記の通りではありませんが、吉原年齢を用いたサバ読みをしている風俗店もあれば、見た目年齢でサバ読みをする風俗店もあります。

逆に、若い女性が人妻系の風俗店で働く場合、実年齢よりも高めに設定することも少なくありません。

 

2. 風俗で年齢をサバ読みするメリット・デメリット

年齢をサバ読みすることに関しては、メリット・デメリットの両側面があります。

サバ読みするメリットは、「集客に繋がる」「身バレ防止になる」という点です。
一般的に、お客さんは若い女性を好む傾向があるため、サバ読みを行うことで指名される確率も上がると言えるでしょう。

また、年齢をサバ読みすることで、例えば知人や友人がホームページを見た際にも「年齢が違うし、似ているだけじゃない?」と、うまくかわすことが可能です。

一方で、サバ読みのデメリットは「過度なサバ読みをした場合、お客さんからのクレームに繋がるおそれがある」という点です。

公開されている年齢と実際の容姿があまりにかけ離れていれば、お客さんが機嫌を損ねてしまう場合もあります。
風俗店にクレームが入ったり、インターネットで悪い口コミを書かれたりすれば、風俗店に悪影響を与えることはもちろん、自分自身も働きづらくなるでしょう。

上記のリスクを回避するためにも、過度なサバ読みは控えることをおすすめします。

 

3. 【年代別】おすすめのコンセプト

風俗店は、人妻系・素人系・熟女系など、それぞれ異なるコンセプトを持って営業を行っており、コンセプトごとに適した年齢があります。

自分に合ったコンセプトであれば、サバ読みを行っても不自然ではなく、稼ぎやすさも上がるでしょう。

以下では、年代別におすすめのコンセプトを紹介します。

3-1. 20代

20代はテクニックよりも初々しさがセールスポイントとなります。
よって18歳~20代の人は、以下のコンセプトを持つ風俗店がおすすめです。

  • 素人系
  • 女子大生系
  • コスプレ系


20代の女性は業界未経験者がお客さんに好まれる傾向にあるため、上記の中でも「素人系」や「女子大生系」は特に高い人気があります。

風俗店慣れを感じさせない接客や、清楚なイメージをお客さんに提供することで、継続した指名をもらうことも可能でしょう。

また、学生制服系・職業制服系・アニメ系等に分かれている「コスプレ系」も、若い女性が非常にマッチするためおすすめと言えます。

上記のようなコンセプトの風俗店は、業界未経験者の育成方法を心得ているため、初めて働く人も、比較的安心して入店することができます。

3-2. 30代・40代

大人の魅力がセールスポイントとなる30代と40代の人は、以下のコンセプトを持つ風俗店がおすすめです。

  • 人妻系
  • 素人熟女系
  • 美魔女系

 

不倫をイメージさせる「人妻系」「素人熟女系」は、風俗の中でも高い人気を誇ります。
本当の人妻が働いているケースもあり、リアルな雰囲気のある接客が特徴です。

また、顔立ちやスタイル等、容姿に自信がある女性は「美魔女系」の風俗店がおすすめです。
美魔女系は高級店に多いコンセプトとなるため、高収入を期待することができるでしょう。

さらに、30代や40代が働く風俗店は、風俗で働くことが家族にばれないよう身バレ対策に力を入れていることが多いです。

 

例えば、別の架空会社を持っている風俗店では、登録上その架空会社で働いているようにしてくれます。

万が一、架空会社に在籍確認の電話がかかっても、スタッフが電話にでてアリバイを作ってくれたり、給与明細も架空会社の名前でだしてくれたりするため安心です。

風俗店で働いていることを隠したい人は、上記のような風俗店を選ぶといいでしょう。

 

3-3. 50代以上

「年上女性に思いっきり甘えたい」と思うお客さんの願望を、叶えることができる世代が50代です。
50代の女性は、以下のコンセプトを持つ風俗店がおすすめとなります。

  • 人妻系
  • 美魔女系
  • 熟女

 

「人妻系」や「美魔女系」は幅広い年代の女性が活躍するため、「50代以上ではもう遅いのではないか」と考える女性も少なくないでしょう。

しかし、容姿と年齢のギャップがあるほど、お客さんが驚き良い反応を見せるため、必ずしも50代以上の人が不利とは限りません。

「熟女系」についても同様です。
例えば、包容力や大胆さ溢れるスキンシップや、過去の経験から得たテクニックを活かすことで、お客さんを虜にすることも可能です。

 

 

3. 自分の年齢に合ったコンセプトのお店を探す際のポイント

自分の年齢に合った風俗店を見つけるために、まずは求人サイトでそれぞれの風俗店が掲げるコンセプトを確認しておくことが大切です。

「シグマガール」は豊富な求人数を誇るため、自分に合った風俗店が探しやすいことが特徴です。

特に関西圏内の風俗店に強みを持っており、関西に住む女性はもちろん、関西へ出稼ぎをしたい女性のサポートも行っています。

また、一般的な風俗店よりも指名料を含めたバック率が高くなるため、月収100万円以上など高収入を実現することも可能です。

自分に合ったコンセプトの風俗店を探すうえでも、シグマガールで一度求人をチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

 

風俗業界は18歳未満と高校生を除き、基本的に何歳でも働くことができます。
また、風俗店ではサバ読みが基本であるもの、トラブルに発展しないよう、あまりにかけ離れた年齢のサバ読みは避けましょう。

また、風俗で稼ぐ重要なポイントは、自分の年齢に適したコンセプトの風俗店で働くことと言えます。
気になる風俗店のホームページや口コミを確認したり、求人サイトのシグマガールなどをチェックしたりして、風俗店のコンセプトを確認するといいでしょう。