喜ばれるフェラの平均時間とは?疲れたときの自然な対処法3選も

男性の多くは、女性に性器を咥えて刺激してもらえる「フェラ」が大好きです。今回は、喜ばれるフェラの平均時間と、フェラに疲れてしまったときの自然な対処法を3つ紹介します。フェラのベストな時間が知りたい人は、ぜひ当記事をご覧ください。

プライベートはもちろん、風俗嬢としての仕事中、相手の男性を喜ばせるためにフェラを頑張ってみたものの、「フェラの時間が短い」と不満を漏らされてしまったことがある人は意外と多いでしょう。

そこで今回は、男性にフェラ好きが多い理由を解説したうえで、男性に喜んでもらえるフェラの平均時間やフェラに疲れたときの自然な対処法を紹介します。
フェラのベストな時間を知って男性をさらに喜ばせたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

しかし、性的プレイによって男性客をもてなす風俗嬢において、イク演技は必須テクニックの一つです。いずれにおいても、行為が嘘だと見破られてはなりません。

 

そこで今回は、女性がイク演技を上手に見せるコツを、詳しく解説します。
プレイ中のテクニックで男性客を魅了させ、指名につなげたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

1. 男性はフェラが好き!フェラ好きが多い理由

  • 1-1. フェラに対するさまざまな意見

 

2. 【時間別】喜ばれるフェラの平均時間

  • 2-1. 5分程度
  • 2-2. 10~15分程度
  • 2-3. 15~20分以上

 

3. 風俗嬢必見!お客さんへのフェラに疲れたときの自然な対処法3選

  • 3-1. 「次は私のを舐めて」と交代をお願いする
  • 3-2. 玉舐めをする
  • 3-3. 手コキやパイズリも取り入れる

 

 

まとめ

 

1. 男性はフェラが好き!フェラ好きが多い理由

フェラが好きではない男性はいないと言っても過言ではないほど、男性はフェラが好きです。
では、なぜこれほどフェラ好きな男性が多いのでしょうか。
その理由には、以下の3つが挙げられます。

 

◯気持ち良い

男性器は、手で刺激するだけでも大きな快感を得られる器官です。
少しの刺激で快感を得られる男性器をあたたかい口で包み込まれ、舌で丁寧に舐められたり、音を立てて吸われたりすると、頭が真っ白になるほどの快感を得られます。
フェラを体験した男性は、あまりの気持ち良さに虜になってしまうのでしょう。

 

◯征服感を満たせられる

フェラは、男性の征服感を満たすことができる行為
でもあります。
特に、おしゃべりで気の強い女性が静かに自分の性器に吸い付き、夢中になっているさまは、征服欲の強い男性にとってたまらないものです。
男性の欲望を引き出し、性交渉をより楽しいものとするためにも、フェラで男性の心を満たしてあげましょう。

 

◯一生懸命さが伝わり愛おしくなる

フェラは、男性に気持ち良くなってもらうための奉仕活動です。
そのため、フェラをされた男性は、自分を気持ち良くしようと一生懸命奉仕してくれている女性の気持ちを感じ取り、女性への愛おしさを募らせます。
そのためフェラは、男性に愛されるためのテクニックと呼ぶこともできるでしょう。

 

1-1. フェラに対するさまざまな意見

 

フェラ好きな男性には、「女の子に積極的にフェラしてもらいたい」派と、「自分が頼んだときにしてもらいたい」派がいます。

女の子に積極的にフェラしてもらいたい派の男性は、女性が自ら尽くしてくれるシチュエーションが好みです。
一方、自分が頼んだときにしてもらいたい派の男性は、女性を思いのままに動かすことに興奮を覚えています。

いずれにせよ、フェラが好きではないという男性はいません。
性行為において男性を喜ばせてあげるためには、フェラが必要であると言っても過言ではないでしょう。

 

2. 【時間別】喜ばれるフェラの平均時間

フェラの時間が短いために男性を満足させることができなければ、フェラをする女性としても申し訳ない気持ちになってしまうでしょう。

特に風俗嬢の場合は、次の指名が期待できなくなる可能性もあります。
とは言え、フェラは必ず〇分するべきという明確な定義があるわけではありません。

フェラの平均時間は、相手が誰であるかによって異なります。
そのため、相手に応じてフェラの時間を調節することが大切です。
ここからは、喜ばれるフェラの平均時間を時間別に詳しく解説します。

 

2-1. 5分程度

フェラの時間は5分程度で十分と考えている女性もいるでしょう。
しかし、恋人であれ風俗客であれ、男性の多くは5分程度のフェラで満足感を得ることができません。

恋人であれば、セックスにおける前戯のひとつとしてフェラが行われることも多いため、フェラの時間が短いと不満を持たれることのないケースもあるでしょう。しかし、フェラが好きな男性であれば、「もう少し長くフェラをしてほしい」と考えるはずです。

また俗客の場合、「手を抜いている」と不満を持たれてしまう可能性が高いため、注意が必要です。風俗客にフェラを頼まれた際には、5分程度のフェラは避け、より長い時間奉仕してあげましょう。

 

2-2. 10~15分程度

10~15分程度のフェラは、恋人としては平均的であると言われています。
ほとんどの恋人は、10~15分程度フェラをすれば満足してくれるでしょう。

ただ、フェラが大好きな男性の場合は、やや不満を抱かれる可能性があります。
フェラが大好きな男性の満足度を高めたいのであれば、10~15分程度でフェラをやめたとしても、時間を置いて再度フェラをしてあげましょう。
一方、風俗客にとって10~15分のフェラは少し短く、物足りないと感じるレベルです。
風俗客をフェラで満足させてあげたい場合には、射精したり「もういいよ」と言われたりしない限り、10~15分程度でフェラを終わらさないようにしましょう。

 

2-3. 15~20分以上

フェラを15~20分以上続ければ、フェラが大好きな恋人も嬉しいと感じてくれるでしょう。中には、そのまま射精する男性も多くいます。
そのため、フェラが大好きな恋人の場合は、15~20分以上をひとつの目安としてください。

なお、15~20分以上のフェラは、風俗客にとって満足できる平均時間でもあります。
しかし、フェラを目的に風俗を訪れるお客さんは、より長い時間フェラをしてほしいと感じることもあるでしょう。
15~20分以上フェラをしても、お客さんが満足していなかったり、もう少ししてほしいと頼まれたりしたときは、嫌な顔をせずに要望に応えてあげましょう。

 

3. 風俗嬢必見!お客さんへのフェラに疲れたときの自然な対処法3選

 

フェラは大きく口を開け、頭を動かして男性器を愛撫する行為であるため、長時間続けると疲れるものです。
特に、フェラのみならず喉の奥まで無理やり性器を咥えこませる「イラマチオ」が好きな男性の相手をする場合、疲労に到達するのも早いでしょう。

恋人であれば、「疲れた」「痛い」と素直に言って、フェラをやめることもできます。
しかし、風俗嬢としてお客さんにフェラをする場合は、お客さんを傷つけてしまわないよう、自然に交わすことが大切です。

ここからは、お客さんへのフェラに疲れたときの自然な対処方法を3つ紹介します。

3-1. 「次は私のを舐めて」と交代をお願いする

風俗嬢としてお客さんにフェラをすることに疲れてしまった際には、「次は私のを舐めて」と交代をお願いしてみましょう。

多くの男性は、フェラをしてもらうことのみならず、女性器を舐めるプレイも好きです。
中には、長くフェラをされていることで、「自分ばかり気持ち良くなって申し訳ないな」と思う優しいお客さんもいます。

フェラの最中に頭を優しく撫でてくれたり、女性器などを頻繁に触ったりする男性は、お願いを聞いてくれることが多いため、ぜひチャレンジしてみてください。

3-2. 玉舐めをする

大きくなった男性器を咥え続けることを負担に感じている人は多いでしょう。
しかし、比較的小さな睾丸であれば、舐め続けることも難しくありません。
そのため、フェラに疲れてしまったときには、玉舐めに移行してみてください。

玉舐めには、フェラとはまた異なる快感があります。
特に、歯を使わずに睾丸を唇で甘噛みすると、多くの男性が快感にもだえてかわいらしい反応を見せてくれるでしょう。

また、フェラが好きな男性の多くは玉舐めも好きです。
玉舐めをすると、さらに喜んでくれるフェラ好きな風俗客は少なくありません。
フェラ好きなお客さんを喜ばせたい人は、ぜひ玉舐めも実践してみてください。

 

3-3. 手コキやパイズリも取り入れる

フェラをより長く続けるためには、フェラの途中で手コキやパイズリを取り入れることも大切なポイントです。
手コキやパイズリをすれば、大きく口を開けずにフェラをすることができるため、あまり疲れずにフェラを続けることができます。

手コキをしながら舌先で亀頭部分や裏筋をくすぐったり、パイズリをしながら男性器に唾液を垂らしたりすれば、フェラ好きな男性は大いに喜んでくれるでしょう。
さまざまなテクニックを駆使して長時間フェラを続け、フェラが好きなお客さんも十分に満足させてあげましょう。

 

まとめ

 

気持ちが良いうえに、征服感を満たせることができ、女性の一生懸命さを感じられるフェラは、ほとんどの男性が好んでいます。
そのため、フェラは男性を喜ばせるうえで必要な行為だと言えます。

フェラの平均時間は、恋人であれば10~15分程度、風俗客であれば15~20分以上を目安にすると良いでしょう。フェラに疲れてしまった際には、交代をお願いしたり、玉舐めや手コキ、パイズリなどのテクニックを取り入れたりして、なるべく長い時間フェラをしてあげてください。