風俗の客層は?変な人が多いという噂を徹底検証!

当記事では、風俗で働こうと考えている女性に向けて、風俗を利用する男性の客層について詳しく解説しています。「風俗を利用するお客さんは変な人が多い!」という噂を聞き、働くことに不安を少しでも感じているという方は、ぜひご覧ください。

未経験で風俗嬢を検討している女性にとって、「風俗の利用客としてどのような男性が来るか」は気になる点です。風俗の客層は「変わっている人が多い」というイメージや噂もあることから、不安を感じている方も多いでしょう。

しかし、風俗を利用する男性の客層は、決して「変わっている人」ではありません。

今回は、風俗の客層をわかりやすく紹介します。地域や業種、営業時間別の客層も解説しているため、風俗嬢として働くことを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

1. 風俗の客層はどんな人?

  • 1-1. 各地域の客層・年齢層
  • 1-2. 業種・コンセプトごとの客層
  • 1-3. 営業時間別の客層
  • 1-4. 風俗とキャバクラの客層の違い

 

2. 風俗の客層に関する気になる疑問

  • 2-1. 風俗の客層は「キモイおじさん」が多い?
  • 2-2. 風俗で変なお客さんが来た際の対処法は?

 

3. 客層のよい風俗を見つけるポイント

 

 

まとめ

 

1. 風俗の客層はどんな人?

「風俗の客層」と聞くと、マイナスなイメージや少し特殊な客層を想像する方もいるでしょう。一般的な風俗へのイメージは必ずしも良いとは言えないため、仕方がありません。

 

しかし、風俗に訪れる男性のほとんどは「普通の男性」です。「一般的なサラリーマン男性」と言うとイメージできるような男性が多く、中にはイケメンと言われるような男性も利用します。

とは言え、客層はお店のある地域や業種、営業時間などによっても多少の違いがあります客層は自身の働きやすさにも繋がるため、事前にチェックしておきましょう。

 

1-1. 各地域の客層・年齢層

 

客層を知る上でまず大切なのは、「風俗店がお店を出している地域」です。
地域によって、風俗を利用する男性層が異なります。
大阪の代表的な風俗エリアの客層は、下記のような特徴があります。

 

地域名 客層の特徴
梅田 ・サラリーマンから観光客まで、あらゆる層の男性が来店する・客数の母体が多く、風俗嬢にとって稼ぎやすい
十三 ・十三を中心とした地元の男性客が多く、年齢層は比較的高い・リピーターや常連客が多いため、固定客を獲得しやすい
谷九 ・他のエリアと比べ、自動車利用の男性客が多い・奈良や滋賀など、近郊都市からの来客が多い
難波 ・若い世代から年配の方まで、幅広い年齢層の男性が来店する・にぎやかに会話を含めて楽しみたいタイプの男性が多い

 

このように、地域・エリアにより、男性客の年齢層やタイプには違いがあります。

自身が対応しやすい客層のエリアを選べば、より稼ぎやすくなるでしょう。

 

 

1-2. 業種・コンセプトごとの客層

 

各風俗店の業種・コンセプトによって、提供されるサービスに違いがあるため、訪れる男性客の層も異なります。

まずは、業種による客層の違いを紹介します。

 

業種 客層の特徴
デリヘル 若者から年配者まで、あらゆる層の男性客が訪れる
オナクラ 「見られることで感じる」M気質の客層が多い
SM フェチにこだわりがあり、少しマニアックな性癖を持つ層が多い
ソープ 客層は幅広いが、比較的お金に余裕がある層が多い
セクキャバ 会話を重視する層の男性客が多い

 

上記の表からわかるように、デリヘルやソープでは幅広い層の男性客が利用しており、オナクラやSMでは、プレイにこだわりのある男性客が多い傾向にあります。

 

中でも、デリヘルは多くの男性に利用されている風俗業です。素人デリヘルや人妻デリヘルなど、お店によりコンセプトが異なっており、コンセプトごとに客層にも違いがあります。

 

 

1-3. 営業時間別の客層

 

風俗店の営業時間は、客層に影響を与える大きな要素です。
風俗の営業時間と言えば「夜」がイメージされがちですが、昼に営業している風俗店も多く、利用する客層には違いがあります。

 

 

昼における客層の特徴

昼に多い男性客は、自営業や外回りの営業職、夜勤明けの方などです。

また、定年を迎え、年金暮らしの年配の方も多く来店します。夜の客層との大きな違いは、アルコールの入った男性客が少ないことです。お酒に酔っていることから、対応しづらい男性客も比較的少ないため、風俗初心者が仕事に慣れやすい環境にあります。

 

夜における客層の特徴

夜に多い客層は、サラリーマンや公務員、学生などです。

日中に働いている幅広い男性客が訪れるため、風俗店にとっては稼ぎ時の時間帯となっています。忘年会や新年会など、飲み会の後の流れで来店する男性客も多く、多額の収入を得たい女性にとって狙い目の時間と言えるでしょう。

 

 

1-4. 風俗とキャバクラの客層の違い

 

風俗とキャバクラは、どちらも女性と男性が触れ合うお店であるため同様のイメージをされがちですが、実は客層に大きな違いがあります。
キャバクラでは会話が重視され、女性を口説きたい男性や楽しく会話をしたい男性が多くいます。対して、風俗は性的欲求を満たすことを重視している男性が多くいます。

 

風俗に訪れる男性客は、優しい性格の人が多いという特徴があります。
キャバクラでは「女性・男性間の駆け引き」を楽しむ男性が多いことに比べ、風俗ではその傾向はそれほど強くありません。
そのため、「キャバクラより風俗の方が働きやすい」と感じる女性は、意外と多く存在します。

 

 

2. 風俗の客層に関する気になる疑問

 

ここまで紹介したように、風俗を訪れる男性客は地域や業種、時間帯により違いがあります。風俗嬢として働き続け、かつしっかり稼ぐためには、客層の違いを知ることがとても重要です。

しかし、上記のような一般的な傾向を知ることができても、「実際のところどうなの?」とどうしても気になる方もいるでしょう。

ここからは、風俗の客層をより具体的に解説します。実際の客層を知り、風俗への疑問や不安を解消してください。

 

2-1. 風俗の客層は「キモイおじさん」が多い?

 

風俗には、さまざまな男性客が訪れます。コンビニやスーパーなどの一般的なお店と同様で、訪れる男性客の職業・容姿・性格はさまざまです。

 

風俗店に限らず、男性客の中には身なりに関心がなく、清潔感のない男性客も当然存在します。また、ケチと言われるような男性や、自分本位な男性も少なからずいるでしょう。

 

しかし、そういった男性客は、あくまで多数訪れる男性客の「一部」に過ぎません。風俗を利用する男性は、女性に対して思いやりがある優しい方も多く、最低限のマナーをきちんと守ることができるような、普通の男性がほとんどです。

 

2-2. 風俗で変なお客さんが来た際の対処法は?

 

風俗の利用客は普通の男性が多いとは言え、対応に戸惑ってしまうような男性客がいることも事実です。そのような男性客にサービスする場合には、下記の内容を意識しながら接してみましょう。

 

・コンプレックスには触れない・ウソはつかず、本音で感じた点を褒める

・ニコニコと笑顔を絶やさずに接する

 

上記3点は、何も特別なことではなく、接客をする際の基本的なルールでもあります。

 

特に、相手がコンプレックスに感じているような部分については、極力触れないようにしましょう。コンプレックスを気にしなくて良い雰囲気は、男性をリラックスさせてくれます。

 

また、相手が「ウソをついている」と気付いてしまうような、不自然なウソは避けましょう。無理に男性を褒める必要もないため、本音で感じたことをもとに会話をしてください。

 

そして、できるだけ笑顔を絶やさないことも大切です。「自分は敵ではない」と相手に印象づけることができ、コミュニケーションをスムーズにとることができます。

 

 

3. 客層のよい風俗を見つけるポイント

 

風俗で安心して働くためには、客層を見極め、できるだけ客層の良い風俗店で働くことが大切です。客層の良さは地域性や年齢層など、いくつかの見極めるポイントがあります。

 

中でも、簡単に見極めることができるポイントが、高級店であるかどうかです。

 

プレイ料金の高い、いわゆる高級店と呼ばれる風俗店を利用する男性は、生活にゆとりのある男性が多い傾向にあります。会社の社長や役員、大手企業の社員など、身元が確かな男性が多く、性格も紳士的であるケースが多数です。

また、高級店は優良店が多く、給料や条件・待遇が良いというメリットもあります。

 

高級店を探す際は、専門求人サイトがおすすめです。一般的な風俗求人サイトは、激安店から高級店まで掲載店舗を一括して扱っているため、高級店を探すだけで時間がかかってしまいます。
専門サイトなら簡単に検索でき、各店舗の特徴を詳しく掲載しているため、積極的に活用してみてください。

 

まとめ

 

風俗を利用する客層は、基本的に普通の男性です。ただし、地域や業種、営業時間などで、利用する男性客の職業や年齢層、タイプは異なってくるため、働きたい店舗を選ぶ際には、事前に客層をチェックしておきましょう。

男性客の中には対応がしづらい方もいますが、接客ルールの基本をおさえることで、対処することは可能です。また、高級店を選ぶとより客層が良くなる傾向にあるため、専門サイトを活用しつつ、自身が働きやすい店選びをするようにしましょう。