デリヘルの体験入店は未経験でもできる!選び方やチェックポイントも

デリヘルの体験入店をしてみたい人へ向けて、体験入店の流れ・内容や、お店の選び方、体験入店時のチェックポイントを紹介します。また体験入店についてのよくある疑問にも答えるため、興味のある人はぜひ参考にしてください。

デリヘルには、女の子がお店との相性をチェックするために活用できる「体験入店制度」があります。

しかし、デリヘル未経験の人は体験入店をしてみようと思っても「体験入店とは何か」「どのようなことをチェックするべきなのか」など、不安に感じることも多くあるでしょう。

そこで今回は、デリヘル体験入店の流れやよくある疑問、重要なチェックポイントについて解説します。安心して体験入店をするためにも、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

1. ​デリヘル未経験の人は体験入店から始めよう

  • 1-1. 体験入店の流れと内容

 

2. デリヘルの体験入店をするお店の選び方

 

3. ​デリヘルの体験入店でチェックするべきポイントは?

  • 3-1. 集客数
  • 3-2. 客層
  • 3-3. スタッフの対応

 

4. デリヘルの体験入店時によくある疑問に回答!

  • 4-1. 体験入店でどれぐらい稼ぐことができますか?
  • 4-2. 合わないと感じた場合に入店を辞退することはできますか?

 

 

まとめ

 

1. ​デリヘル未経験の人は体験入店から始めよう

はじめに、一般的なデリヘルの体験入店の流れと内容について解説します。

 

体験入店とは、面接を受けた風俗店が「本当に自分に合うお店なのか」「どのような仕事内容なのか」を確認するために、実際に仕事を体験することです。

 

デリヘルの仕事を経験したことがない人は、まずは体験入店から始め、自分に合った仕事なのかを確かめましょう。

 

1-1. 体験入店の流れと内容

 

デリヘルの体験入店は、以下のような流れで行われます。

 

面接

体験入店は、応募者全員ができるわけではなく、面接に合格した人のみが使える制度です。面接が終わると、合格者には体験入店についての案内があります。不合格だった場合には案内はありません。

 

講習・ルール説明

体験入店の前に、プレイの流れやお店のルールについての講習があります。風俗店では、未経験の人向けの実技講習を用意しているため、デリヘル未経験の人も安心してください。

 

体験入店の内容

通常の仕事と同様に、ホテルやお客さんの自宅に行きプレイをします。新人にはスタッフが積極的にお客さんをつけてくれるため、デリヘル未経験の人でも「1回も接客できなかった」となる心配がありません。

 

体験入店の給料

デリヘルの給料は「全額日払い」なため、稼いだお金は当日の帰るタイミングで受け取れます。体験入店であっても、給料は満額を受け取ることが可能です。

 

正式に入店(本入店)

体験入店が終了すると、スタッフから「本入店するかどうか」の確認があります。体験入店したからといって、必ず本入店しなければならないわけではありません。自分に向いていないと感じたら入店を断ることもできます。

 

 

2. デリヘルの体験入店をするお店の選び方

 

デリヘルは、風俗業界のなかでも店舗数が多い業種です。お店によってジャンルやコンセプト、待遇、客層は異なります。自分に合っていないお店で体験入店をすると、つらい思いをしてしまうこともあるでしょう。

 

自分に合っているお店で体験入店をするためには、事前にお店選びのポイントを知ることが重要です。ここでは、体験入店をするお店を選ぶための4つのポイントを紹介します。

 

人気があり、かつ流行しているデリヘルを選ぶ

デリヘルの仕事は「歩合制」です。そのため、仕事が入らなければ、給料がもらえません。人気がなくお客さんの少ないお店では、女の子の努力にかかわらず仕事が入らない可能性があります。気になるお店の人気は、風俗情報サイトの口コミ評判などでチェックしましょう。

 

自分の年齢や、キャラクター・イメージに合ったデリヘルを選ぶ

デリヘルは、お店のコンセプトや女の子のスタイルによって「ロリ系」「熟女・人妻系」「巨乳・ぽっちゃり系」「ギャル系」などにジャンルが分かれています。

自分の年齢やイメージに合ったコンセプトがあるお店を選び、お客さんの需要とマッチさせることで、稼ぎやすくなるでしょう。

 

なるべく高級なデリヘルを選ぶ

デリヘルは、基本的に「高級店」「大衆店」「格安店」とランク分けされています。お店のランクが上がるほど、サービスに対して支払う金額は高くなります。

お客さんが支払う金額に比例して、女の子の給料もアップするため、体験入店する時はできるだけ高級店を選びましょう。体験入店でも、もらえる給料は本入店と同じです。

 

勤務条件の良いデリヘルを選ぶ

体験入店するお店に、自分の希望する待遇があるか、あらかじめチェックしておきましょう。待機所の設備やアリバイ会社の有無、送迎の有無、日給保証など、快適に働くために要確認です。

 
 

3. ​デリヘルの体験入店でチェックするべきポイントは?

 

デリヘルで体験入店をする時には、そのお店が「自分に合った良いお店かどうか」をチェックします。本入店をしてから「思っていたよりも稼げない」「働くことがつらい」という事態にならないために、チェックするべきポイントは3つです。

ここからは、実際に体験入店した際にチェックするべきポイントについて解説します。

 

3-1. 集客数

お店に集客力があるかどうかは、本入店後に「稼げるかどうか」を判断する重要なポイントです。お店の集客数が判断しやすい18時以降のお店の様子をチェックしてみましょう。お店の集客数は「電話の本数」と「待機室の人数」で判断することが可能です。

 

電話の本数

繁盛店であれば1日に70本以上、一般的なデリヘルでも30~50本程度の着信があります。お店の電話があまり鳴らないようであれば、集客力が低い証拠です。

 

1日中お店の電話を見ていることはできないため、18時以降に1時間あたり3~4本程度の着信があれば、一般的なデリヘル程度の集客はあると判断して良いでしょう。

 

待機している女の子の人数

出勤人数に対して、待機している女の子が多い場合、店の集客力が弱い可能性があります。例えば、出勤人数に対して待機している女の子の人数が3割を切っているお店は人気店といえるでしょう。

逆に7割以上の女の子が待機しているお店は要注意です。女の子たちの出勤情報はお店の公式サイトで確認できます。

 

 

<例:出勤人数が20人の場合>

待機人数 待機率 集客数
14人 7割 少ない(要注意)
10人 5割 普通
4人 2割 多い(人気店)

 

ただし、お店の集客は季節や曜日、時間帯によって波があるため、体験入店当日だけでの判断は困難です。そのため、待機場所にいる女の子に普段の待機場所の様子や女の子の待機人数について聞いてみても良いでしょう。

 

 

3-2. 客層

 

客層をチェックすることで「自分が気分よく働けるか」が判断できます。体験入店中に接客したお客さんの年齢や清潔具合などに注目しましょう。

「本番強要をしない」などお店のルールを守れるお客さんが多いかどうか、どのような職業のお客さんが多いかもチェックポイントです。

 

ただし、1~2人のお客さんを接客しただけでは、お店の本当の客層は判断できません。客層を掴むためには、6~7人接客することを目標にしましょう。

 

3-3. スタッフの対応

 

デリヘルでは、接客をする女の子以外に、女の子サポートをするスタッフが働いています。

スタッフの能力や対応を見極めることも「気分よく働いて稼げるお店か」を判断するための重要なポイントです。

 

仕事ができないスタッフや、問い合わせの対応が悪いスタッフのいるお店は、お客さんへのサービスが悪く、新規客獲得に繋がらないところがほとんどです。

またトラブル対応や女の子へのフォローも充実していないため、困った時に助けてくれず、女の子が苦労することも多くなるでしょう。

 

 

4. デリヘルの体験入店時によくある疑問に回答!

 

体験入店には、なるべく疑問や不安がない状態で挑みましょう。気になることを解決せずに体験入店をしてしまうと、不安で頭がいっぱいになり、有意義な時間を過ごせません。

ここからは、デリヘルの体験入店をする時によくある疑問について、Q&A方式で解説します。

 

4-1. 体験入店でどれぐらい稼ぐことができますか?

 

デリヘルの体験入店では、1日で25,000~40,000円ほど稼ぐことが可能です。

デリヘルの給料は、「お客さんの人数」と「コース時間」によって決まります。一般的なデリヘルにおける給料の目安は以下の通りです。

 

コース時間 60分 90分
給料 10,000円 15,000円

 

仕事の間には休憩時間やメイク直し、移動の時間があります。体験入店が6時間の場合、実働時間は最高でも4時間程度になり、以下のような働き方になるでしょう。

 

コース時間とお客さんの人数 給料
60分コース×4人 40,000円
60分コース×1人90分コース×1人 25,000円
90分コース×2人 30,000円

 

ただし、働く時間や接客するお客さんの人数はお店と相談して決めるため、「必ず〇〇円稼げます」という指標はありません。

 

4-2. 合わないと感じた場合に入店を辞退することはできますか?

 

体験入店後でも、本入店を辞退することは可能です。

体験入店が終わると、スタッフと話しをして、本入店するかどうかを回答します。ゆっくり考えたい場合は一旦帰ってから回答することも可能です。

本入店を辞退したからといって、スタッフに脅迫されたり、無理やり働かされたりすることはないため、安心してください。

 

 

まとめ

 

デリヘルの体験入店は、面接に合格した女の子が「自分が安心して働けるお店かどうか」をチェックするための制度です。

体験入店では、風俗求人サイトの情報だけでは分からないお店の集客力や、スタッフの対応などといったポイントをチェックします。体験入店の結果「自分に合っていないお店だな」と感じた場合は、体験入店をした後でも、本入店を断ることが可能です。

体験入店の給料や仕事内容は、本入店と同じで、1日で高額のお金を稼げます。自分に合ったお店で安心して働くためにも、体験入店を通してお店をしっかりとチェックしてください。