【風俗バイト】面接時によくされる質問とベストな回答例

風俗バイトの面接で、面接担当者からよく聞かれる質問とベストな回答例をまとめています。面接時にふさわしい服装やメイク、必要な持ち物、逆質問で聞くべきことも紹介するため、初めて風俗店の面接を受ける人は参考にしてください。

風俗バイトの面接や採用基準は、一般的なアルバイトや就活とは異なります。一般的なアルバイトのように簡易的な面接ではないものの、就活のようにリクルートスーツを着用する必要はありません。しかし、初めて風俗店で働こうと思い、求人情報をチェックした人のなかには、どのような面接が行われるのかイメージできない人もいるでしょう。

当記事では、これから風俗店で働こうと考えている女性に向けて、風俗バイトの面接前に必要な準備や面接担当者からの質問にベストな回答例を紹介します。しっかりと対策すれば採用される確率が高くなるため、参考にしてください。

 

目次

 

1. 風俗バイトの面接を受ける前の心得・準備

 

2. 面接担当者からよく質問される内容とベストな回答例

  • 2-1. 志望動機
  • 2-2. 仕事経験・男性経験の有無
  • 2-3. NGプレイ

 

3. 採用率UPにつながる?面接時に確認しておくべきこと

  • 3-1. 働く上でのルール
  • 3-2. バック率の詳細

 

4. 面接だけで判断できない部分は「体験入店」で判断するのがおすすめ!

 

 

まとめ

 

1. 風俗バイトの面接を受ける前の心得・準備

風俗バイトで採用されるためには、面接を受ける前の準備が大切です。特に身だしなみは風俗店側が重視するポイントのため、面接前に服装・メイクをよく確認しましょう。

なお、風俗店のコンセプトによって適切な身だしなみは異なります。面接を受けたい風俗店の雰囲気やコンセプトはあらかじめチェックすることをおすすめします。

 

服装

面接当日の服装は「すぐにお客様の前に出られる服装」を意識して選びます。ワンピースやスカートなど、清潔感のある女性らしい服装が良いでしょう。ジーンズやサンダルを履いたカジュアルすぎる服や部屋着のようなだらしない服、体型をごまかすためのメリハリのない服は避けてください。

 

メイク

メイクは男性ウケの良いナチュラルメイクにし、すっぴんや濃いメイクは避けましょう。どのようなメイクをすべきか悩んだ時は、女子アナウンサーのメイクが参考となります。

 

風俗バイトではその場で風俗店が用意したエントリーシートに記入するため、履歴書や職務経歴書は必要ありません。その代わり、以下の持ち物が必要です。

 

風俗バイトの面接で必要な持ち物
  • 顔写真付き身分証明書

風俗店では18歳未満の女の子が働くことはできません。そのため、面接を受ける際は、運転免許証・パスポート・学生証・マイナンバーカードなど、年齢が確認できる顔写真付きの身分証明書が必要です。

  • スマートフォン

面接当日の道案内や仕事の連絡に使用します。

  • メイク道具

面接後に体験入店をする場合は、化粧直しができるメイク道具を用意しましょう。

 

2. 面接担当者からよく質問される内容とベストな回答例

 

風俗バイトの面接担当者は、主に店長などの男性スタッフです。面接では風俗店の仕事内容や給料システムなどの説明を受けた後、面接担当者からいくつか質問されます。

ここからは、面接でよくされる質問内容とベストな回答例を紹介します。

ベストな回答例を参考に、自分なりの回答を考えておきましょう。

 

2-1. 志望動機

 

面接担当者からの質問 なぜ風俗の仕事を始めようと思いましたか?
ベストな回答例 (1)借金返済のためにお金が必要だからです。(2)昼間の仕事だけでは生活費が足りないためです。

 

風俗で働く女の子の多くが、お金のために働いていることを店側も知っています。志望動機として経済的な事情を話すことを恥ずかしがる必要はありません。「なんとなく楽そう」などの漠然とした理由よりも、具体的な目標を持つ人の方が仕事を頑張る傾向にあるため、風俗店からも歓迎されます。

 

志望動機を通して面接担当者が知りたいことは「1日にいくら稼ぎたいのか」「週に何日出勤できるのか」です。志望動機を聞かれた際は、想定している出勤頻度や期間も答えると良いでしょう。

 

 

2-2. 仕事経験・男性経験の有無

 

面接担当者からの質問 今まで風俗店で働いた経験はありますか?
ベストな回答例 経験はありませんが、頑張ります!

 

風俗業界の仕事が未経験の場合は、その旨を正直に話しましょう。風俗店には、風俗の仕事に慣れていない素人の女の子を好むお客様も来店します。「未経験」が風俗バイトの採用に不利にならないため、経験を問われた際はやる気をアピールしましょう。

 

また、風俗の仕事経験や男性経験に関する質問を通して、風俗店は女の子の知識レベルを確認している側面もあります。風俗業界やサービス内容の理解度によっては、採用後に講習を行ってくれます。

 

 

2-3. NGプレイ

 

面接担当者からの質問 NGプレイはありますか?
ベストな回答例 ○○や○○はできませんが、○○ならOKです!

 

風俗店のサービス内容には「基本プレイ」の他に「オプション」があります。オプションは過激なプレイや特殊なプレイが含まれているため、抵抗がある人もいるでしょう。女の子ができないプレイはNGプレイに設定できるため、面接時は「何ができて何ができないのか」を明確に伝えてください。

 

ただし、NGプレイは女の子のプロフィールにも記載されます。NGプレイがあまりにも多いと指名本数に影響が及ぶことに注意しましょう。

 

3. 採用率UPにつながる?面接時に確認しておくべきこと

 

面接担当者からの質問が終わると「何か質問はありますか?」と聞かれることがほとんどです。面接担当者から逆質問を受けた時は、気になることを確認しましょう。女の子から風俗店に質問することで「ここで働きたい」という気持ちが伝わり、採用される可能性が高くなります。

 

ここからは、面接時に確認すべき2点を解説します。

 

3-1. 働く上でのルール

 

本入店後にトラブルとならないよう、働く上でのルールは必ず確認しましょう。

店によってルールは異なるため、以下の項目は面接時に聞くことをおすすめします。

 

シフトの出し方

 

風俗店の多くは「自由出勤」のため、希望する時間に働くことができます。しかし、ホームページや風俗情報サイトに女の子の出勤日を掲載することから、基本的にシフトは事前申告です。何日前までにシフトを提出する必要があるのか確認しましょう。

 

仕事中の服装

 

デリヘルなどの派遣型風俗店は、基本的に私服で接客します。しかし、風俗店によってはジーンズが禁止されていたり、Tバックの着用を義務付けていたりすることがあります。仕事中の服装に関するルールがある場合は、どの服装ならOKなのか聞いておきましょう。

 

写メ日記の更新頻度

 

「写メ日記」とは、風俗情報サイトに投稿される風俗嬢のブログのことです。お客様にアピールする重要なコンテンツとなるため、風俗店によっては「毎日更新」「出勤すれば更新」など、写メ日記の更新頻度を指定している場合もあります。

 

3-2. バック率の詳細

 

「バック率」とはお客様が支払った金額のうち、実際に女の子が受け取れる金額の割合のことです。バック率を確認することで、入店後の収入を予想できます。

 

基本的に、風俗バイトの給料システムは一般的なアルバイトと異なり「歩合制」です。風俗店によっては、当月の売上に比例して翌月のバック率が変化する「スライド制」を採用している場合があります。

 

接客した人数や指名の有無、オプションの有無で収入が変わるため、バック率を把握することは大切です。

面接時は「基本プレイのバック率はどのくらいですか?」「指名バックやオプションバックは何円ですか?」と質問しましょう。

 

4. 面接だけで判断できない部分は「体験入店」で判断するのがおすすめ!

 

初めて風俗店で働く人にとって、自分に合う風俗店を探すことは大変です。面接当日は緊張しており、短時間の面接だけで良い風俗店かどうか判断することは難しいでしょう。

 

風俗店の良し悪しを判断できない時は「体験入店」がおすすめです。

体験入店とは、正式に入店する前に何度か出勤する制度のことです。なかには面接当日に体験入店できる風俗店もあります。

体験入店のメリットは下記のとおりです。

 

本入店後と同等以上の金額を稼げる

 

基本的に体験入店中の給料システムは本入店後と同じですが、風俗店によっては体験入店中のバック率が高く設定されている場合もあります。また、体験入店中はフリーのお客様を優先的につけてもらえるため、効率よく稼ぐことが可能です。

 

他のスタッフの様子が見られる

 

風俗業界が未経験の場合、風俗店の雰囲気を掴めていないこともあるでしょう。体験入店中は一緒に働く女の子や男性スタッフの様子に限らず、「楽しく働けるか」「風俗店の雰囲気が合うか」「待遇に偽りがないか」をチェックできます。

 

体験入店を通して、風俗店のルールやシステム、雰囲気を知れば、不安なく働き始められるはずです。

面接時の質疑応答だけでは不安が残る場合は、積極的に体験入店しましょう。

 

まとめ

 

風俗バイトの面接では、女の子の言葉遣いやマナー、身だしなみを重点的にチェックされます。面接時は、風俗店のコンセプトを踏まえて、男性ウケのする服装・メイクを心がけましょう。

また、風俗バイトの面接で大切なことは「正直に答えること」です。面接担当者の質問にはウソをつかず、素直な回答を心がけてください。

風俗店で働こうか悩んでいる人は、ぜひ求人に応募し、体験入店をしましょう。体験入店を通して風俗店の雰囲気やサービス内容を確かめることで、自分に合う風俗店を見つけられます。